CUPID
ダイビングを始めよう ステップアップコース ツアー もっとダイビング FAQ キューピッドはこんなところ
キューピッドスタッフコラム
クラブキューピッド キューピッドスタッフコラム マスタースクーバダイバー キューピッドエコクラブ
キューピッドブログ キューピッド掲示板 キューピッドリンク ライフスタイル LOHAS
キューピッドスタッフコラム 海遊記 かいゆうき
 
第10回 教えません
 

ダイバーはダイビング後にログと呼ばれる、その日に潜った深度や時間やダイビングの内容などの記録を記入します。一般的には「ログブック」と呼ばれるノートやバインダーのようになっているものがほとんどです。これはダイビングに行くとCカードと共に提示を求められることが多く、Cカードがダイビングの「ライセンス」的な役割を果たすとするなら、ログブックはダイバーとしての経験を証明する「履歴書」的な役割をします。

ログへの記入はダイビングのデータのみならず、その日観察した生物や出来事・感想などを書き込みます。ダイバーの間では「ログつけ」や「ロギング」などと呼ばれ、その日のダイビングを一緒に潜ったひとたちと振り返る大変人気のある楽しい時間となっています。

 

このログ、最近ではいろいろなタイプやデザイン・内容のものがあり、みなさんバラエティに富んでいますが、一般的に書き込むべき内容として多い項目に「ダイビングの深度」「潜水時間」「潜水時刻」「透明度」「海況」などが挙げられます。

これらをログに記入するにはもちろんデータが必要ですので、例えば「潜水深度」についてはダイビング中に深度計をチェックして覚えておかなければなりません。また「潜水時刻」については潜降/浮上時に時計を確認してその時刻を覚えておかなければなりません。

しかし正直なところ、ダイビング中は写真を撮ったり生物を観察したりでこれらを覚えておくことはなかなか難しく、最近ではログメモリー機能つきのダイビングコンピューターを使用することが一般的となっています。ほとんどのコンピューターはダイビング開始を自動的に感知し、時刻・深度・時間などをすべてメモリーしてくれます。最新モデルではダイビング開始/終了時の空気の残量までメモリーしてくれるものもあります。ログ記入のときにこれらのデータを呼び出せばほとんどの項目を簡単に埋めることができます。
さてここで問題となるのがダイビングコンピューターを持っていないダイバーです。ログブックの項目を記入したい、でも深度や時間を覚えていない、でも空欄があるのがなんとなくイヤ・・・。ログブックへの記入は法規制されているようなものではありませんので別に空欄があっても良いのですが(もちろん経験の証明にはなりませんが・・・)、皆が記入しているのに自分だけが記入できないのはどうも気に入らないようです。
 
海に行くと各ショップ、大体ダイビング後にダイビングサービス内でログ記入を行なっていることが多いのですが、そのときよく見かける光景が、そのショップのインストラクターが「今日のダイビングは深度が最大で**m、エントリー時刻が*時*分、エキジット時刻が*時*分、透明度は**mでーす」と自分のコンピューターを見ながら”発表”している場面です。そしてそのショップのお客様は言われたとおりに自分のログにデータを記入しています。。。さてこのインストラクターは”優しい・親切な・良い”インストラクターでしょうか?

キューピッドではインストラクターがダイビングのデータを”発表”することはありません。冷たいようですが「教えません」。お客様にきちんとしたログ記入を身につけて頂くためです。
 
PADIオープンウォーターダイバーコースの各ダイブの達成条件には「ログ記入」という項目が明記されています。これはログ記入はダイバーとしてできなければいけない重要なスキルだということです。なぜならダイビングに行くと通常Cカードとログの提示を求められるからです。言い換えればダイバーはログブックに自分で記入できて当たり前なのです。インストラクターが全てのデータを”発表”してしまうと、ダイバーはそれが当たり前と思ってしまい、自分で深度や時間を管理しなくなってしまいます。ログはインストラクターが”発表”したものを記録するのが当たり前だと思ってしまいます。結果ダイビング中に深度や時間を確認しないダイバーが出来上がってしまいます。これは本当に優しいことでしょうか?顧客サービスなのでしょうか?
 

 

必ずダイビングコンピュータを持たなくてもログ記入はできます。ダイバーズウォッチを使えば時刻は知ることができますし、レンタル器材にも深度計はついています。水温が知りたければ水温計を持てば良いのです。ダイビングサービスの壁にかかっているホワイトボードに書いてあることもあります。そもそもダイビングの深度は各ダイバーごとに異なりますし、透明度は計ったわけではありませんので「今日の透明度は**mです」というほうがナンセンスです。

 

お客様に、安全で自分のことは自分でできるダイバーになっていただくために、キューピッドでは「教えません」!

 
 
児玉 純一:Profile      
写真:スタッフ武藤 ☆ いつも明るいキューピッドのムードメーカー

☆もと鍵屋なので開けられない鍵はないらしい

☆若く見えるが実は孫がいる

☆ご夫婦ダイバーの味方

PADIマスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー、キューピッド赤羽店店長。
 
 
バックナンバーはこちら!
キューピッドブログ キューピッド掲示板 キューピッドリンク ライフスタイル LOHAS
クラブキューピッド キューピッドスタッフコラム マスタースクーバダイバー キューピッドエコクラブ
ダイビングを始めよう ステップアップコース ツアー もっとダイビング FAQ キューピッドはこんなところ

ダイビングスクール&プロショップ キューピッド(Cupid)
東京都北区岩淵町34-1 山田ビル1F TEL:03-3598-6466 FAX:03-6410-8104 E-mail:info@cupid.ne.jp

Copyright © 2004-2015 Cupid All rights reserved.埼玉県さいたま市大宮ダイビングスクール